人気ブログランキング |
歯医者に向かうゾ
e0077899_10172550.jpg
 「もう、我慢ならん、病院に行こう!」
歯が痛くなって、5日目。
三白眼で鏡をにらみ付ける私の顔が怖い。
原因は、なんとなくわかっている。
2800mの山小屋に泊まった時、
高山病にやんわりかかり、眠れない夜に、
頭痛のため、奥歯をガッチガチに、
噛みしめていたからである。
たぶん・・・

昨日、行きつけの歯医者の向かった。
(行きつけという言い方でいいのかな)

さて、ここで問題が起こる。
人は、トイレに行きたいとき、近づけば近づくほど、
パニック状態になる。
なるべくトイレ問題を忘れるようにしないと、
お漏らしをしてしまうパニックだ。
ところが・・・
私の場合、病院に行くと云うとき、
その反対の現象が起こる。

近づけば近づくほど、症状が軽くなる。
今回もそうだった。
昨夜から朝方まで、あまりの歯の痛みに、
モンモンとして過ごした。
モンモンなどというフレーズを使うのは、
20代以来じゃないか!
そして、まぶたを腫らして、病院へ、一歩一歩近づいた。
するとどうだろう・・?

次第に、歯の痛みがひいていくではないか!
あと5分という所では、
みるみるうちに痛みがなくなってゆく。
ブィ~ン
歯科医院の自動ドアが開くと同時に、
全く痛みを感じなくなっている!
こ・これはどういう事だ!
又、あの現象なのか?
私に、これまで何度も起きた怪奇現象。

《病院に行くと、症状が治る》

 「はい、どうなさいました?」
 『え~と、痛かったん・・・です・・が』

どうしてくれるんだ!
患者としての、私の立場はどうなる!
医者としては、
患者が顔面蒼白で、もがきながらやってきたのを、
いとも簡単に治療するという、やりがいの瞬間があるハズ。
ところが、ケロッとした顔で、
診察台に寝転んでいられると、
ココに眠りにきたのかと、ムッとするに違いない。
私は患者としての責任を全く果たせず。
医者は、職務をまっとうできず、
お互い上下で、恥ずかしがっているだけとなる。

そういえば、
以前何度もあったこの現象をふり返ってみよう。

《眼科検診》2007年;3月7日
e0077899_10174924.jpg

# by ishimaru_ken | 2019-10-19 05:16 | その他
ラグビー 優勝予想
e0077899_6163628.jpg
 あえて、ラグビーワールドカップの優勝予想をしてみよう。
ちまたでは、断然オールブラックス(ニュージーランド)が、
優勝とされている。
されているというより、
して欲しいという願望かもしれない。
あれほど美しくトライをとるチームもないだろう。
ところが、今回に限り、私の予想は違う。

オールブラックスは準決勝で消える

なぜか?
準決勝に進むには、明日の試合(準々決勝)を勝つしかない。
オールブラックスは勝つだろう。
で、準決勝であたる私の予想するチームは、

 《イングランド》

このイングランド、前回大会では、予選で敗退している。
その前は、ベスト8どまり。
そんなチームがなぜ?
理由は、監督が、前日本代表を率いた、
エディ・ジョーンズだからである。

オールブラックスのラグビーは総合力もさることながら、
今はやり言葉になっている、《オフロード》が得意なチーム。
オフロードとは、タックルされながらパスを出すテクニック。
このオフロードを、エディは、日本チームにやらせなかった。
禁止にしていたのである。
オフロードの危なさをよく知っている監督といえよう。
つまり、オフロードを逆手に取る戦術を持っているハズ。
ここまでイングランドのゲームを観た所では、
その戦術を使っているフシがない。
たぶん、隠している。
ニュージーランド戦まで、秘密にしている作戦なのだ。
そして、それが当たった時、
オールブラックスはあたふたする。

オールブラックスと当たる為には、
明日の準々決勝であるオーストラリアに勝たねばならない。
よし、その試合を観に行こう!
ってんで、飛行機で大分まで飛ぼう。
今、チケットを握りしめている。
 《イングランドVSオーストラリア》
これとて、ちまたの予想は、オーストラリア有利。
しかし、私は、イングランドの勝ちを予想している。
だからこそ、飛行機に乗るのだ!
そして、なぜオールブラックスに勝てるのかを、
この目で、観てこよう。
e0077899_615456.jpg

# by ishimaru_ken | 2019-10-18 05:14 | スポーツ
歯が痛~い
e0077899_1062084.jpg
             《山頂でご来光を待つ登山者たち》

 突然、歯が痛み出した。
20数年、なかった痛みだ。
原因は、なんとなくわかる。

標高3000mの山の上で、高山病にやんわりかかり、
眠れない夜、歯を噛みしめて耐えていたからだと察せられる。
その三日後、都内のホテルにいた。
歯の痛みが始まった。
久々の歯痛だったので、おたおたした
対処方が分からなかった。
夜中に、フクラハギがツッタ時に、
おたおたするのに似ていた。

バスルームの鏡に向かい、ア~ンをして、
原因となるべく歯並びを眺めてみたものの、
かなしいかな・・歯医者でないので、何もわからない。
バスルームに行ったついでに、歯磨きをしてみるのだが、
よけい痛くなっただけだった。
・・こまった。

ベッドに寝転び、壁にたてかけた両足を眺めていた。
・・と、
誰もが思いつく単純な答えが、ふいに浮かんだ。

 「そうだ・・薬を買いに行こう!」
24時間営業の薬屋が、あるではないか!
苦虫を噛みつくしたような顔の私が夜道を歩く。
薬屋のドアをあける。
え~と・・何を買えばいいのだろう?
ええいままよ、
たしかコマーシャルで聞いた名前を言ってみよう。

 「すみません、バハリンください」
 『はい?』
 「バハリン」
 『ああ~バファリンですね』

店の女性の方が、
『バファリン』と、ファの発音を発するとき、
中学時代に教えてもらった英語の喋り方どおりに、
下唇をしっかり、上唇でかみ発生してくれた。
 『バファリンですネ』
 「ええ、そのバハリンです」
 『バファリンですネ』
念を押すように又も、下唇を上唇でかんでくれる。

あのネ、ぼくだって普段は、
それくらいの発声はできるんだけんど、
今、歯が痛くて、バハリンとしか言えないんだヨ。
へたしたら、ハハリンになりそうなんだヨ。

屈辱の買い物をして、ホテルへと向かう。
『屈辱』という漢字を見ると、唇が関係している。
やはり、ファとハと歯は、何か因縁があったに違いない。

ところで、私は、
バファリンを飲んだ経験がないことに思い至った。
一応決心して、2錠飲んだ。
で、どうなったか・・・?

あっという間の、バタンキュー!
効いたです・・バハリン!
e0077899_106226.jpg
     御嶽山 紅葉
# by ishimaru_ken | 2019-10-17 05:04 | その他
日本ラグビー グゥ
e0077899_22111454.jpg
 ラグビーが盛り上がっている。
なぜだろうか?
日本が勝っているという、単純な理由もあるだろう。
しかし、それだけだろうか?

スポーツには、キレイという言葉が、
時々使われる。
キレイとは何?

私が思うに、この言葉に尽きると思われる。
 「言い訳をしない」
何があろうとも、言い訳をしない。
ひとつひとつの状況を見れば、誰もが、
「アレはこうだったんだヨ」
と、いい訳をしたくなる。
「実はネ・・」
と、問題提起をしたくなる。
人生においてもしかりである。
「アレは・・あの時は・・違うんだよ・・・」
しかし・・・

ラグビーにおいては、
いい訳、というふり返りの言葉がない。
では、なぜ言い訳をしないのか?
たぶん・・
彼らは、こう考えている。

 「みっともない

言い訳をするなど、みっともない
この考え方が、ラグビー界では、
世界基準で普及していると思われる。

そういえば・・
日本では、お母さんが子供に、こう言う。
 「グゥしなさい」
我慢するときに、グゥしなさいと・・・

今、日本ラグビーが、世界に優っているのは、
「グゥー」のおかげかもしれない。
e0077899_22114226.jpg

# by ishimaru_ken | 2019-10-16 05:09 | スポーツ
ラグビーワールドカップ全試合観戦
e0077899_948738.jpg
                     八甲田山 小岳

 ラグビーワールドカップを全て観ようとしている。
観たいからに他ならない。
もちろん録画を駆使している。
どの試合も面白い。
捨て試合などない。
点差がどんなに開いても、観ていたくなる。
その理由は、選手が気を抜かないからだ。

ゆえに、私も気を抜かない。
しかし、なんやかや2時間の試合を全部観るには、
時間との闘いである。
眠る時間をなんとか絞るしかない。
最終的には、48試合ある。
結果を知って、あとで観るのはつまらない。
ライブで勝利の瞬間は共にしたい。
結果を知って観るのと、知らないで観るのとでは、
スポーツ観戦では、雲泥の差がある。
ウンデイどころか、天と地ほどの違いがある。
いやいや、違いがあり過ぎて、表現する方策がわからない。
天も地も雲も泥も登場させたのだから、
たとえ眠くとも、テレビの前にかじりつく。

ハッと気づくと、山登りに出かける時間がせまっている。
そうだ、今日は、御嶽山に登る日じゃないか。
リュックの荷を確認しながら、横目で試合を観ている。
ハカが始まると、一緒になって、両手でモモを叩いている。
舌をとび出させたりしている。

え~とぉ、登山靴の中敷きはどこへやったっけ?
山小屋での着替えを増やそう。
3000mは、この時期は寒い。
 「おおぉぉ~トライだぁ~!」
毛糸の帽子も入れとこう。
 「うわぁ~ノックオンかよぉ~」
初雪あるかもしれないなあ?
 「おお~ドロップゴールだぁ~はいるかぁ!」
e0077899_9474699.jpg
        谷川岳
# by ishimaru_ken | 2019-10-15 05:46 | スポーツ
三浦かるた ほ
e0077899_934443.jpg
 三浦かるた 《

 ほたるがいるって
 知っとるけ?


~~~ ~~~ ~~~
知らなかった。
三浦半島とは、高い山がない。
したがって、河川ができにくい。
あっても、チョロチョロとした川なのである。
水も、少ししか流れていない。
さらに、平野が少ないので、
住居を建てる地域は限られてくる。
ホタルが生息する川を探すほうが難しい。
どこにいるのだろう?

しばし、三浦半島の地図を思い浮かべながら、思案。
諦めかけた時に、電球が頭のうえに灯る。
ところで、この手塚治虫さん発想の、
 「電球灯り」は、
現代の人はどうしているのだろう?
LDライトが灯るのだろうか?
それとも、何も灯らないのだろうか?

それはさておき、ホタルが生息する場所のあたりは、
たぶんあそこだ。
 《小網代の森》こあじろのもり
首都圏に、自然を残す為に、神奈川県があえて、
いや、わざわざ保護してきた場所である。
人の立ち入りを極力なくし、
今では、遊歩道しか歩けない決まりになっている。
チョロチョロと細い小川も流れている。
6月頃に訪ねれば、ホタルがいるに違いない。

それとも、他にどこか、ホタルがいるのだろうか?
「知っとるけ?」
と青森弁でクエスチョンしているのだからして、
かるた制作者の、QKユニット姉妹は知っているらしい。
見たことがあるらしい。
ふむ・・探すにしても、来年だな。
鬼にも笑いを手伝ってもらって、
来年、探索するとしてみましょうかネ。
e0077899_9341168.jpg
        三浦半島 番屋
# by ishimaru_ken | 2019-10-14 05:32 | その他
台風接近 今
e0077899_16135553.jpg
 これまで経験した、台風の最大風速は40mであった。
17年ほど前のことである。
海の近くのビルの8階でその脅威を感じていた。
ドアが風圧で開かず、窓から眺めていると、
トタンだの、板だのが、空に舞っていた。
海は、どす黒く濁り、風が強すぎると、
表面の波はつぶされ、風波が見えづらくなっていた。

たとえモノが飛んでこなくても、
大人が歩ける風の強さの限界は、
30mを超えた辺りだと察せられる。

強風で知られる南半球のタスマニアの町では、
町中に、ロープが張りめぐされている。
用事があって、外を歩く人たちは、
そのロープを頼りに進む段取りが組まれている。
つまり、40m超えの烈風にさらされている。

日本で、そのような風は、富士山の山頂か、
台風の時しか体験できない。
体験、即、災害である。
何十年前より、家々が頑丈になったとはいえ、
所詮、人間がこしらえた雨よけ、風よけの、
テントの延長に過ぎない。
いにしえの洞窟に住んでいた横穴式住居時代には勝てない。

最大の人類の進化は、未来予測であろう。
台風の未来予測が、かなりの精度で当たるようになった。
たった半世紀で、ここまで進んだ。
50年前には想像できなかった早さである。

《地震雷火事オヤジ》に入れてもらえなかった台風。
本来なら、《地震》の前に、
接頭語としてつけてもよい程の、
恐ろしさの代表なのに、ないがしろにされた台風。

台風が近づくと、
子供の頃は、怖いながらもドキドキし、楽しかった。
風が、雨戸を揺らすカン高い音におびえ、
暗闇の中、ロウソクの光に、手をかざし、
「もっと吹け!」などと叫んでいた。
それは、自分のことだけを考えていれば良かった時代
だからであった。

今、この時代に・・・
自分のこと以外をも考えるようななった私は、
どんな反応をするのだろうか?

その最大級が、
まもなく私の頭上を通り過ぎようとしている。
e0077899_1613586.jpg

# by ishimaru_ken | 2019-10-12 16:30 | その他


検索

リンク集

以前の記事
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧