ヘソ隠すのは誰?
e0077899_7562012.jpg
ピカっゴロ! 雷は怖い。
と思っていたら、犬も猫も怖いようだ。
と思っていたら、馬も牛も、カモメもとんびも怖いらしい。
と思っていたら、思いもしなかった動物も怖がる事が解った。

 <魚>

海釣りに行った。
途中で、雲行きが怪しくなって来たなと思ったら、
ピカっゴロゴロロロ!その途端、魚がぱったり釣れなくなった。
餌を食べなくなった。
海のハイエナとも呼ばれ、餌を付けていないハリをも食べて
すぐに釣れてしまうソーダカツオさえ、釣れなくなった。
理由は、
雷が怖いのである。
(漁師が言うんだから間違いない)
怖くて、食事どころではないのだ。
どんな怖がり方をしているのか、水の中を見てみたい気もする。
魚の王様、鯛でさえ、震えているのだ。
よもや、お調子者のカワハギなんか
一目散に穴倉に避難している筈だ。

しかし、どうもこの事実に納得がいかない。
なぜ、魚は雷を怖がるんだ
今日行ったあの釣り場所なんて、10万トンクラスのタンカーが
バンバン行きかっているぞ。
潜水艦もよく通るぞ。
そっちの方がよっぽど怖いだろうに。
君たち魚に聞きたい。
誰ぞ雷に打たれた魚がいるとでもいうのか?
(我ら人間様はな、打たれた人が大勢いるから、怖がってるんだぞ)
魚さん達よ!
よーく考えてみよう。雷を怖がる暇があったら、
もっと切実な問題があるでしょうが。

今、君達が食事をしていた時、誰かいなくなったでしょ。
突然、上の方に、慌てた感じで上って行ったでしょ。
アレはぁ、何をしに行ったのかなあ?
いいのかなあ、ほっといて・・
兄弟とか親戚とかが、楽しい会食の最中に
ピューンと上がって行ったでしょ。
帰って来ないでしょ、ほとんど。
所謂、失踪しているんだよ。気にならないのかなあ?
毎日毎日、相当の近しい友人達が失踪事件に
巻き込まれているんだよ。
いいのかなあ、ほっといて・・

しかも、幸いな事に誘拐されてる最中にからくも脱走した友人が
いる筈なんだけど、彼らから、何か聞いてない?
この食事は罠であるぞ!とか・・
聞いてない?
それとも、君ら、仲悪いのかい?

これほど、身に迫る危機があるというのに、
たかが雷くらいで、ヘソ隠すなっちゅうんじゃ。
魚のくせにだらしない。
まあ、我ら釣り人も、竿ほっぽり出して、
船倉に一目散だったけんどね。
# by ishimaru_ken | 2006-11-13 07:57 | 謙の発見!
読書読書
e0077899_683725.jpg
本を読む。読書は好きだ。
主に小説だ。年間100冊程読む。
平均すると、3日に一冊くらい。
但しあくまで平均だ。

読まない時は、全く読まない。ところが、
読書というのは、加速する事がある。
読めば読むほど、読みたくなる。
以前、<カラマーゾフの兄弟>(ドストエフスキー)
を2日で読んだ事があった。
その読み終わりの最後の行を、ゴクリと読み終わり、
パタンと閉じたその手で、隣にあった
<戦争と平和>(トルストイ)を読み始めた。
読書というのは、食事と違って、満腹感がないのであろうか?

今日も本屋をぶらつく。
読書に関しては、和洋OK、ノンフィクション~SFまでOK.
文庫本のコーナーで、ギクっと立ち止まる。
おっコレは面白そうだ。
手に取り、すぐに買い求める。
家に舞い戻り、カバンから取り出しさっそく読み始める。
1ページ目をめくった頃、
(ん?変だな)
2ページ目の途中で
(コレ、知ってるな。以前読んだな)

すでに読んだ小説をダブって買ったのである。
あ~仕様が無い。本棚に仕舞おうとしたら、
同じ文庫本がすでに2冊、並んでいる。
(2冊!)
という事は、今日の失敗を以前もやっていたのだ。
その教訓は全く生かされなかった訳だ。

但し、この失敗で、わたくしの好きな本の傾向が解った。
題名は重要だ。カタカナでも漢字でもかまわないが
<短い>のが好きらしい。
表紙カバーも大きなウエートを占めている。
一言で云って <硬派>好みだ。
曖昧なデザインや絵より、物理学調の硬いモノが好きらしい。

代表形を、例えてみると、
ルオーの絵に、< 宙 >なんて題名があったら、すぐ買うな。

はい、あなたの部屋にも、2冊もしくは3冊同じ本がありませんか?
その本は、あなたの傾向を良く知っていますよ。
と言っていたら、
『ぎゃ~同じDVDがあ~!』
# by ishimaru_ken | 2006-11-12 06:11 | その他
ツェッペリン号の冒険スペシャル
e0077899_3552815.jpg
<わたしは、飛行船に乗れないのですか?>

先日お知らせした、飛行船には、そんな話が付きまとう。
いえいえ、乗れます。
但し、ちょっと待たねばならない。
現在は、スポンサー関係とか、知り合いとか、
テレビのカメラとかが搭乗している。

来年2007年の4月くらいから、1時間のフライトで
5万円の料金を取り、観光乗船を行なうらしい。
大阪だけではなく、関東でも、飛ぶそうだ。
この世界最大の飛行船は、世界に3隻しかない。
ドイツと南アフリカだ。
アメリカなどでも、やや小さいので観光フライトをやっているが
予約で向こう1年埋まっているそうだ。

ちなみに、ツェッペリン号、お値段は20億円。ひえ~
横に書いてある広告、一ヶ月1億円。ひえ~

ネットで、<ツェッペリン>と入れれば出てくるよ。
<日本飛行船>という会社、飛行船を膨らましたついでに、
将来とんでもない夢を膨らましている。
100人乗りの飛行船で世界一周旅行をやろうというのだ。
その飛行船のお値段が1000億円。ひえ~
世界一周には、飛行機で3日、飛行船で3週間、船で3ヶ月
かかると言われている。

あなたは、どれで行きたいですか?
(歩いたら、3年だな)
e0077899_422689.jpg

# by ishimaru_ken | 2006-11-11 04:02 | その他
未来の料理教室
e0077899_753215.jpg
『おい!このタクアンつながっとるやないか!』
怒られる事があるでしょう。
怒られたあなたへの、嬉しいレターです。

ネギしかり、キュウリしかり。
包丁でシャカシャカと裁断していく食材は、失敗の嵐だ。
特に、ネギは大変だ。
人によっては毎日ザクザク切っている。
(ああ切り終わった)と思ったら、
その大半がジャバラの様に繋がっている。
しかも、ネギの大変なところは、修正が利かないところだ。
これが、マグロだったら、もう一回切り直せばいい。
ところが、ネギは見るからにどうしようもない。

そこで、アイデアだ。
この、一見失敗したネギだの、キュウリだの、タクアンだの
これらを使って料理を作ったらどうだろう?
今まで、数あるあまたの料理を食べ歩いてきたイシマルだが、
その手の料理は見た事がない。
題するならば、

予期せぬ食感料理

あのね、料理人という方達は、乱れを嫌うのですよ。
整然と切り並べ、一縷のミスが無い事が理想なのだな。
タクアンが繋がっているなんて、
オオマイゴットのコンコンチキなんだわな。
ほんじゃ、その料理人に、試しにタクアン繋がり
ネギ繋がりを切って貰いましょうか・・・
これが、以外と下手糞なんだな。
下手どころか、出来ないんだな。

ほ~ら、解ってきたでしょ。
あなたは、<予期せぬ食感料理>を作る資格をすでに
有しているのだ。
そして、その料理が実は・・旨いんだな。
食べ物が口の中で、不規則な食感に出会うと
「ん~?なんだ?旨いかもしんない!」
と新鮮な感動を生むのだ。
予定不調和のリズムに、舌が
「旨いんでないかい・・」
歯茎が
「すごかですたい!」

さあ、自信を持って、今日から、腕を振るって下さい。
ばっつんばっつん切り刻んで下さい。
ひょっとしなくても、あなたは
次世代のスーパー料理人なのだから。
# by ishimaru_ken | 2006-11-10 07:55 | その他
引用するぞ~オオ~
e0077899_6361229.jpg
新聞や雑誌で、人が喋ったコメントを引用する事がある。
例えば
「引退は新庄君の自由でいいんじゃないかい」(50歳男性)
「もっとやって欲しかった」(22歳会社員女性)

この書き方に私は不満を持っているのだ。
誰が喋ったかを最初に知りたいのだ。
知った上で内容を読むのと、知らないで読むのとでは
全く受け取り方が違うのだ。
上記の一行位ならまだしも、5行位だとえらい事になる。
読み進めるうちに、これはオッサンだなと思い込み、
最後のかっこを見ると、女子中学生だったりする。

「いいんじゃないでしょうか、新庄君のパフォーマンスに
 随分楽しませて頂きましたから。まあですね、今後のカレの
 働きに期待したいですね」(長嶋茂雄)
え~~~!長島かい!だったら先に教えてくれ!
読み方が違うだろうよ!(注;長島談ではありません)

ね、そう思いませんか?
あの表記方法はいつからそうなっているのだろう?
揃いも揃って、ほとんどの活字メディアでは、この表記だ。
最初に(長嶋茂雄)とか(短大生)とかあったら、
何かまずいのだろうか? 
まさか、さあ語っているのは誰でしょう?
という謎解きをしている訳じゃないよね。

(ここからメーデー風に読んで下さい)
ここに、我々は全国民に向けて決起をうながした~い!
喋った人を最初に教えろお~、オオ~~!
語り手の名前を最初に教えろお~、オオ~~!
書いた人を最初に教えろお~、オオ~~!
読み手の身になって、最初に教えろお~、オオ~~!

語り手の正体を始めに表記する運動>を起こすぞお~!
オオ~~!
# by ishimaru_ken | 2006-11-09 06:38 | その他
シロナガス解禁
e0077899_5351366.jpg
『シロナガス鯨が、一部解禁になりました』

美容院で雑誌を読んでいると、大阪の鯨料理屋の女将が
そう語っている。
(え~シロナガス鯨!こうしちゃいられない!)
あわてて大阪に向かった。
大阪は、法善寺横町のすぐ脇にある鯨料理<徳家

普段我々が食べているのはミンク鯨である。
普段には食べてないか…)
地球最大の動物が<シロナガス鯨>だ。
体長は20メートルを超える。
鯨は大きい程、旨いらしい。

ところで、鯨を食べる話をすると、捕鯨問題で叱られる。
しかし、幼少の頃に
鯨ばかりを食べさせられた子供の身にもなって貰いたい。
牛も、豚も、鳥も、卵もほとんど食べた記憶が無い。
一年に1・2回だ。
哺乳類たんぱく質はおおむね、鯨さんが供給してくれた。
肉と言えば、鯨だったのだ。
学校の給食では2回に1回は鯨だ。
トンカツならぬ、ゲイカツ。
クジラジャガ。缶詰も鯨缶。
大切に大切に食べていたのだ。

鯨用の味覚を、望まずして獲得させられたのだ。
鯨に大事に育てられたと言っても言い過ぎではない。
鯨で舌を鍛えたのだ。
鯨の舌立て伏せをしていたのだ。
鯨の舌腹筋をさせられていたのだ。
鯨の舌懸垂がつらくて、泣いていたのだ。

だから、少しは大目に見てちょうだいな。
おかわりはしないから・・・
# by ishimaru_ken | 2006-11-08 05:37 | その他
続 ツェッペリン号の冒険
e0077899_6581178.jpg
ふわり

まさに、ふわり としかいい様がない。
昨日の続きの大冒険は、ふわりで始まった。
巨体はグングン大空に舞い上がっていく。
揺れも振動もない。思ったより静かだ。
うるさいのは、自分達だ。
船だ!橋だ!ビルだ! ギャーギャー!ワイワイ!
飛行機だとあっという間に雲の上に上がってしまうが
飛行船は高度が低い。
150~300mの高さを時速50キロで進む。

USJのアトラクションに並んでいる人達が手を振っている
こちらも手を振る
仁徳天皇稜の前方後円墳に飛行船の陰を写す。
法隆寺、五重塔を見上げた人達が、
飛行船に気付き、手を振っている
おっ、もう奈良に入ったか。
若草山にピクニックの人達がおにぎりの手を振っている
奈良公園の鹿が気付いて、ツノを振っている。(なバカな)

飛行船の窓はでかい。
透明のアクリルで出来ているのだが、新幹線の窓より
はるかにでかい。
最後尾の窓などは、外に傾斜しており、もたれると、
空中に身体を預けている格好になる。
アクリルがたわむので、相当怖い。
『小窓も開きますよ』
小窓から手や顔を出す。風が気持ちいい。

船は琵琶湖へ~
この 船 という響きがいい。
「英語では、エアシップといいます」
機長の説明に、隣のおさむちゃんが
『捻挫で張る奴ですか?』とボケてくれる。

琵琶湖は広かった。どこまで行ってもビワコだった。
最後尾でいねむりをする。
何という贅沢だろう。
空中のうたたね・・・
e0077899_6584588.jpg
帰りは京都を通り、大阪から関空へとコースが決まった。
(コースはちゃんと決まってないの?)
そうなんです、割と、ルーズなのだ。
そうか!
イシマルひらめいた。
携帯電話を取り出し、バタヤンにメールを送った。
バタヤンとは(3月7日参照)に登場した友人だ。
京都大阪間に住んでいる筈だ。どうか見付けてくれ・・

京都では、有名所を辿って行く。
そうだ、太秦の東映撮影所に行って下さいと言ったら、
はいよ、とばかり、寄ってくれた。
飛行船をタクシーよろしく使っている。
(おおいるいる、小道具さんが、刀を運んでいる。)

プルルルル~
京都を過ぎてしばらくした時だ。
浮いてる!浮いてる!今目の前!
バタヤンの絶叫が、電波の薄い携帯からガリガリと聞こえる。
見下ろすと、バタヤンが、
土手の上を自転車で懸命に走っている。
「すみません!クルリと旋回してもらえますか?
ようそろうとばかり、機長は、船を傾けた。
見事にバタヤンの頭上で、大きなとんびが輪をかいた。
ピンヨロ~
興奮したバタヤン、そのまま道を外れて、
土手に落ちてしまった。
おまけに、その背後にはバタヤンのお母さんがママチャリで
追いかけて来ている。
バタヤンを助け起こし、(後で知ったが)
母「イシマルさん、せっかく来ぃはったンなら、
  お茶でも飲んでいけばええのに」

確かに、飛行船をタクシーみたいに使ってしまったが、
お母さん・・<お茶は>、無理だと思います。

我らの飛行は、6時間の旅を終え、
夕陽に照らされた関空へ・・

世界最大のツェッペリン号 世界一周したいな。
e0077899_76990.jpg

# by ishimaru_ken | 2006-11-07 07:03 | その他



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧