人気ブログランキング | 話題のタグを見る
アカムツを見つける
アカムツを見つける_e0077899_08162764.jpg
 「アカムツじゃないか!」
駅の地下のスーパーで、アカムツが丸まま一匹売られていた。
アカムツとは、金沢では、《ノドグロ》と言われる高級魚。
なぜ高級なのかと言えば、旨いからである。
破格な旨さなのに、数が捕れないだけでなく、
体格も大きくならない。
さらには、網では捕れない深い海に棲んでいる。
釣り人が、なんども通って、やっと1匹釣り上げるような魚だ。

 「ください」
迷わず買い求めた。
安くなかった。
ただし、旨さと比例すれば、充分な対価であろう。
急いで帰り、捌きはじめる。
ウロコを剥がし、三枚におろす。
身が柔らかい。
ボニョボニョしている。
弾力があるという言い方が正しい。
皮は剥がさない。
皮と身の間にある脂が旨いので、皮をガスバーナーで焦がす。
焼き過ぎないように注意する。
すぐに氷水に入れ、しめる。

あとは、包丁で切れ目を入れ、短冊に切る。
食べる時は、塩のみか、ワサビ醤油が良いだろう。
 キリキリキリ
とっておきの、純米吟醸酒の栓をあける。
トクトクトク
冷凍庫で冷やしておいたグラスに注ぐ。
では・・・・・
一切れ、つまみ、まじまじと眺める。
もったいをつける。
パクリっ

《クロムツ》という魚もいる。
写真で撮って白黒処理をすれば、よく似ている。
赤いマダイと黒いクロダイがいるように、
棲んでいる場所の食べた餌によって色も体質も変わる。
ということで、アカムツとクロムツも同じような関係かもしれない。
ただし、アカムツの値段はクロムツの数倍である。
はっきり「旨い!」からだ。

「旨い!」刺し身を一口食べるごとに、つぶやく。
返す手でグラスをちょびり、噛みしめるごとく「うまい・・・」。
「はぁぁ~~~」
吐息を漏らし、しばし瞑目する。
こんなに柔らかくて味の深い魚がいるだろうか?

いまだ、アカムツは養殖されていない。
新潟の海洋高校が人工ふ化に成功したとの嬉しいニュースが、
数年前に流れたのだが、その後どうなったのだろうか?
アカムツを見つける_e0077899_08163185.jpg
      アカムツの刺身

# by ishimaru_ken | 2024-04-21 05:15 | 謙の発見!
別府温泉のシャワーシステム
別府温泉のシャワーシステム_e0077899_07352270.jpg
 先日、別府温泉の銭湯にたちよった折りだった。
シャア~~~
風呂場に入ると、シャワーが出しっぱなしになっている。
おいおいおい、誰が使ったあと、使いっぱなしにしてるんだ!
シャア~~~
あれれ、アッチでも出しっぱなしじゃないか!
どうなってんだ?

昨今、銭湯も日帰り温泉も、シャワーの仕組みは、
《押したら自動的に止まる》システムだ。
利用者はそれに慣れてしまっている。
というより、それしか知らない世代が使っている。
そんな人が、別府に旅をすると、驚くことがある。
「湯がふんだんに出ている」

湯舟の横で、ジャブジャブと桶からお湯を汲みだし、
頭だの身体を洗っている。
豪快に湯をかぶる。
見ていると、ある人など、洗髪の終わりに、
20杯以上のかぶり湯をしていた。
 別府の温泉湧出量は世界第2位である。
とんでもない湯が狭い範囲で噴き出している。
その湯は、止めることができない。
温泉とは、蛇口をいったん止めてしまうと、
地下から湯があがってこなくなる。
だから、温泉としての生涯、湯を出し続けなければならない。
一般的に思う、「もったいない」という感傷を捨てねばならない。
洗髪で20杯など、かわいいもんで、100杯でも、
一万倍でもかぶって貰わねば、ならない。

さあ、そんな別府に普段、押したら止まるシャワーに、
慣れている人がやってきた。
すると、
シャワーノズルを倒して、洗髪を続けた彼は、
当然、湯は自動で止まると思い込んでいるので、
立ち上がり、湯船に向かう。
ところが、別府の温泉のシャワーは、
自分で閉めない限り止まらないシステムの所がある。
となると必然、出しっぱなしとなる。
誰かが止めない限り延々湯が出続ける。

私が入室した際、ふたつのシャワーが出しっぱなしだった。
ジャア~~~~~~~~~
これが、別府以外の日帰り温泉だの銭湯であれば、
気づいた人がすぐに止める。
しかし、湯があふれんばかりにある別府では止める人がいなかった。
ジャ~~~~

別府生まれで産湯が別府温泉の、わたくしが、
別府を離れて久しくするあまり、
お湯の貴重さに気づいてしまったわたくしが、
いちいちノズルを閉めまわったのである。
そして、しばらく外の露天風呂につかっていた間に、
またもや、シャア~~~
新たな出しっぱなしを見つけ、風呂屋のオッちゃんよろしく、
閉めて回ったのである。
別府温泉のシャワーシステム_e0077899_07351788.jpg
 別府 竹瓦温泉 ここには近代的なシャワーはない


# by ishimaru_ken | 2024-04-20 05:34 | 謙の発見!
ナガラミ
ナガラミ_e0077899_07211004.jpg
 《ナガラミ》という巻き貝がいる。
九州などでは、同じような巻貝に、《ニ~ナ》がいる。
関東の《シッタカ》に似ている。
岩場の波打ち際で採られる。
ナガラミの形状からすると、やや砂地にいるのかもしれない。
スーパーで買い求め、塩茹でして食べる。
中身のほじくり方にワザがいる。

爪楊枝を使うのだが、仮にアナタが右利きの場合、
刺した爪楊枝をクルクル回しては、身が途中で千切れてしまう。
正解は、左手で持ったナガラミの方をクルクル回す。
開口部を上に向けた状態で4本指で支え持ち、
グサリと爪楊枝を刺し、左手の指で貝をクルクル回す。
右手はいっさい動かさない。
すると、身は最後の尻尾まで出てくる。

ゼンマイのように丸まった尻尾が嫌いな方は、
爪楊枝の方を回せば、途中で千切れるので都合がいい。
私のように尻尾まで全部食べたい人は、貝を回す。
(尻尾――で良かったのかな?)
ナガラミ_e0077899_07212236.jpg


# by ishimaru_ken | 2024-04-19 05:20 | その他
スイカ一個分ダイエット
スイカ一個分ダイエット_e0077899_15510913.jpg
 「イシマルさん、スイカ一個分、どうやって痩せたんですか?」
質問される。
基本は、プールで泳ぐ。
距離は、2000mほど、クロールで。
小一時間、ずっと泳ぎ続ける。
空いてさえいれば、いったん泳ぎ始めると、
休憩なしで、泳ぎきる。
「楽しいか」と問われれば、楽しくない。
ただただプールの底の青を見ているだけは、
面白くない。

なにか面白い事を考え続けられればいいのだが、
他にも泳いでいる人がいるので、気が抜けない。
プールとは、泳ぐのが速いヒトと遅いヒトが混合している。
ターンのたびに、先に行ってもらったり、
先に行ったりというマナーがいる。
その配慮をしていると、空想の世界に没頭などできない。
ただただ青い底を見続ける。
つまらない。
これなら、道路を走る方がよっぽど面白い。
ただし、プールの良さは、身体に負荷がかからない点だ。
ヒザにも腰にも優しい。

このひと月、腰に問題が生じたので、プールに助けられた。
できれば50mプールが嬉しいが、そんなものそうそう無い。
しかも、50mプールには、
もの凄く速いスピードのスイマーが集まってくる。
私なんぞの出る幕ではない。
(邪魔だ、どいてくれ!)コールの飛沫が飛んでくる。

あとは、たくさん食べない。
野菜は、たくさん食べる。
間食しない。
甘いものを控える。
脂モノを控える。
つまり、常識的なダイエットに過ぎない。
さて、問題は、ここからだ。
あとスイカ一個分、身体から失くしたいのですが・・・
スイカ一個分ダイエット_e0077899_15514883.jpg
 朝食バイキングは、しっかり食べる


# by ishimaru_ken | 2024-04-18 05:49 | スポーツ
不思議なタイマー
不思議なタイマー_e0077899_07191423.jpg
 この写真は大分市の、とある飲み屋で撮ったもの。
いわゆる、タイマーである。
料理をする際、煮つけの時間や茹で時間をきちんとする為、
タイマーをかける。
 さあ、そこで、写真の二つのタイマーのうち、左を見てほしい。
《71 00》
これはどう受け取ったらいいだろうか?
タイマーは我が家にもあるが、おおむね60分以上は測れない。
いままで、60分を超えて測れるタイマーを見たことがない。
すると、業者のみが使う特殊なタイマーがあるのだろうか?
たとえば、豚骨スープを長い時間グラグラ煮る為に、
180分タイマーとかがあるのだろうか?

カウンターに座りながら、このタイマーが気になって、
酒を呑むのに集中できない。
タイマーの事ばかりが、頭の中で渦を巻いている。
さあ、そんな時、ご主人がタイマーを触ったのである。
ピッピッピッ
ん・・・・?
不思議なタイマー_e0077899_07190889.jpg
《71 27》
なんだこの数字は?
1の位の数字がどんどん減っている。
71分以上かけて作る料理って、はたして今作るのか!
たまらなくなり、ご主人に質問を投げかける。

「そ・その71分って、なんですか?」
「あ~壊れてんだヨ」
「はい?」
「古いもんでネ、液晶だかなんだか、壊れてんだヨ」

はは~~ん、やっと分かった。
数字を表示するのに、デジタルでは、
7本の棒が使われている。
8を表わす時に、最大7本の棒を使う。
そのうち、2本の横棒と左下の縦棒が、
消えてしまっているらしい。
すなわち、7に見えたのは、実は0なのである。

「そんな長い間使ってたんですか?」
「そうなんだヨ、3年くらいかなぁ~」

さ、さんねん?そんなで壊れるものなのか?
いったいどれほどの使用量なのだろうか?
というより、デジタルの棒の一部が消えたモノを始めて見た。
よかったね、10の位の棒が消えただけで・・・
不思議なタイマー_e0077899_07190474.jpg
  おいおい、いくつタイマーがあるんだ?


# by ishimaru_ken | 2024-04-17 05:18



石丸謙二郎
by ishimaru_ken
検索

リンク集

以前の記事
2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
2023年 06月
2023年 05月
2023年 04月
2023年 03月
2023年 02月
2023年 01月
2022年 12月
2022年 11月
2022年 10月
2022年 09月
2022年 08月
2022年 07月
2022年 06月
2022年 05月
2022年 04月
2022年 03月
2022年 02月
2022年 01月
2021年 12月
2021年 11月
2021年 10月
2021年 09月
2021年 08月
2021年 07月
2021年 06月
2021年 05月
2021年 04月
2021年 03月
2021年 02月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 10月
2020年 09月
2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月

画像一覧